ネットキャッシングで即日融資する方法

ネットキャッシングを利用して即日融資を受けるためには、まずはとにかくどこかの「即日融資に対応しているカードローン」に申し込みをすることです。と言っても、ネットキャッシングに対応しているのはほとんどという状況で、大手のカードローン会社であれば間違いなくネットキャッシングに対応しています。また、当然の如く即日融資にも対応しているので、形としては契約することさえ出来れば即日融資をネットキャッシングを利用して行うことが出来ます。

ただし、ネットキャッシングの中にも様々なものがあります。単純にネットで振り込み依頼をして入金を待つものもあれば、オンラインバンキングを利用してリアルタイム取引が可能なものもあります。また、カードを保有する契約でもネットだけでキャッシング手続きが完了するものもありますし、カードレス契約で全てをネットのみで利用していくものもあります。

それぞれにメリットやデメリットがあり、利用者の状況や希望などに合わせて適切に選択していくことが必要になってしまいますが、「良く分からないからどこでも良い」と考えるのは止めておきましょう。もちろんそういったスタンスでも安全に利用していける可能性は高いのですが、カードローンを利用することは大きなリスクを背負うことになっているという自覚をしっかりと持つことが重要です。

スマホやパソコンさえあれば簡単に融資依頼をすることが出来る便利なネットキャッシングですが、使い方を間違えると大きな負担となって覆いかぶさってくることをしっかりと覚えておきましょう。
キャッシング即日融資ガイド|チータンが最短方法を徹底解説!はこちら

バンクイックや消費者金融などとポイントサイトの関係

ポイントサイトと言えば今は多くの方が利用しているものです。
例えば人気のあるところと言えば「げん玉」になるでしょう。
商品を購入したり、サービスを利用したりすることでポイントをもらえることができます。
これは消費者金融のプロミスやアコム、銀行系でもバンクイックなどのさまざまなキャッシングも項目としてあります。
商品購入もそのまま通常のサイトで購入するよりもポイントサイトを経由して購入した方が、ポイントサイトのポイントをつけることができるのでダブルでお得になるというものです。
例えばプロミス、自分からプロミスのホームページで申し込みをすれば別段お得なこともなく通常の利用となりますが、ポイントサイトであるげん玉に登録をしてそこからプロミスに申し込みをするとげん玉のポイントをもらうことができます。

通常は2、000ポイントをもらうことができますが時折ポイントキャンペーンが行われており例えば30、000ポイントということもあります。
貯めたポイントは厳禁として換金することもできればまたウェブマネーとして変えることもできます。
課金のアプリなどで楽しんでいる方は厳禁を使うよりもこのようにしてポイントサイトで貯めたポイントをウェブマネーに交換して楽しんでいる方は多くなっています。

申し込みの方法は直接公式ホームページからということもできますがこのように少しでもお得な方法があるということも覚えておきましょう。
ポイントサイト、最近は侮れない存在です。

借入の審査に落ちない為にしてはいけないこと

銀行や消費者金融からお金を借りる際には必ず借入審査が行われますが、これはちょっとしたミスがあるだけでも審査が通過できなくなることもあるために注意が必要です。
では借入審査に落ちないために「してはいけないこと」としてはどういったものがあるのかというと、最もしてはいけないのは連続申込みです。借入申込みの履歴は信用情報に全てしっかり記録されていますから、短期間に何社も連続して申込みをしたとなると必ずバレます。そして申込みが連続していて、しかも断られているということになると金融機関は「かなりお金に困っていそうだし、別の業者が融資しなかったというのはリスクがあるのではないか」と見るしかないのです。ですから連続申込みは絶対にしてはいけません。
同様に借入審査で絶対にやってはいけないことになるのが、返済の滞納と債務整理です。返済期日については最初の契約書で必ず双方が合意したうえで作成しているはずですから、それを守らなかったというのは大きな問題です。また債務整理となると返済すると約束していた債務を帳消しにしたか、一方的な都合で減額したということになるのですから、まず審査は通過できなくなってしまうでしょう。
あとは同時に多くの業者から借入をすることなども注意点になりますが、審査に致命的な影響を与えるのは連続申込みと返済の滞納、債務整理です。こういったことをするとほぼ全ての業者がお金を貸してくれなくなりますから、特に注意してください。

法人貸付ではなく個人貸付がモビットなどの総量規制の対象になる

総量規制というのをご存知でしょうか。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、個人向け貸付を対象とした法律です。
法人向け貸付や、法人向け保証、そして個人向け保証は対象ではありません。
モビットもまた消費者金融であり、モビットでのキャッシングは個人向け貸付です。
つまり総量規制の対象になるということです。

それではここでは個人向け保証とはなんであるのか、ご説明していきましょう。
消費者金融では担保も保証人も必要ありません。
銀行カードローンでもまた担保も保証人も必要ではありませんが、申し込み条件には保証会社の保証を受けられることという一文が必ずあります。
それが個人向け保証です。
保証会社は保証人と同じ役割を持っており、多くの場合にはその銀行のグループ会社である消費者金融や信販が保証会社の役割を担っています。
そのため、消費者金融の保証を受けているとなれば総量規制の対象になりそうではありますが、総量規制では個人向け貸付だけが対象であり、個人向け保証は対象ではないということです。

銀行カードローンなど保証会社の保証を受けて利用をする場合、一定期間返済がなされなかった時には保証会社が返済を代行します。
これを代位弁済といいますが、代位弁済が行われたときには個人信用情報機関にその旨の情報が登録されてしまいます。
総量規制には対象となるものが限られており、同じ消費者金融の商品の中でも例外となるものがいくつもあります。