借入の審査に落ちない為にしてはいけないこと

銀行や消費者金融からお金を借りる際には必ず借入審査が行われますが、これはちょっとしたミスがあるだけでも審査が通過できなくなることもあるために注意が必要です。
では借入審査に落ちないために「してはいけないこと」としてはどういったものがあるのかというと、最もしてはいけないのは連続申込みです。借入申込みの履歴は信用情報に全てしっかり記録されていますから、短期間に何社も連続して申込みをしたとなると必ずバレます。そして申込みが連続していて、しかも断られているということになると金融機関は「かなりお金に困っていそうだし、別の業者が融資しなかったというのはリスクがあるのではないか」と見るしかないのです。ですから連続申込みは絶対にしてはいけません。
同様に借入審査で絶対にやってはいけないことになるのが、返済の滞納と債務整理です。返済期日については最初の契約書で必ず双方が合意したうえで作成しているはずですから、それを守らなかったというのは大きな問題です。また債務整理となると返済すると約束していた債務を帳消しにしたか、一方的な都合で減額したということになるのですから、まず審査は通過できなくなってしまうでしょう。
あとは同時に多くの業者から借入をすることなども注意点になりますが、審査に致命的な影響を与えるのは連続申込みと返済の滞納、債務整理です。こういったことをするとほぼ全ての業者がお金を貸してくれなくなりますから、特に注意してください。