水素水のパーキンソン病臨床実験

医療機関でも注目される

水素水は健康に良いという情報が広まり、一般家庭でも水素水を生成するサーバーを置いていたり、市販で買える水素水をストックしたりしている方は多いようです。そんな健康の思考の方に人気の水素水は、医療業界でも注目を浴びています。その理由は様々な疾患の原因となるとして知られている「活性酸素(フリーラジカル」を水素が除去する働きがあると報告されたからです。活性酸素は善玉と悪玉があり、体に害を与えるのは悪玉活性酸素ですが、それは癌や老尿病、脳卒中、シミやシワなどのあらゆる症状のもとになると言われています。人の体内では30歳を超すと抗酸化作用が減少していき、それに加えて現代の加工食品や大気汚染などのストレスによって活性酸素が発生しやすい環境となっています。そこに水素の力で抗酸化作用を活発にさせようというわけなのです。

パーキンソン病に水素水

どのように病気に効果があるのかということで、九州大学大学院薬学研究院とパナソニック電工の研究グループで、水素水がパーキンソン病にどのように働くか臨床実験が行われました。この試験ではパーキンソン病患者に毎日1リットルの水素水を1年間飲用してもらうというものでした。結果、普通の水を飲んだ人に比べると、症状の進行において統計学上有意といえる結果がでたという報告がなされています。このように水素水の臨床実験が急速に行われています。水素水は薬と異なり副作用がないため、どのように医療現場でも使われていようになるのかその進展に期待したいところです。
http://www.mundomac.org/