法人貸付ではなく個人貸付がモビットなどの総量規制の対象になる

総量規制というのをご存知でしょうか。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、個人向け貸付を対象とした法律です。
法人向け貸付や、法人向け保証、そして個人向け保証は対象ではありません。
モビットもまた消費者金融であり、モビットでのキャッシングは個人向け貸付です。
つまり総量規制の対象になるということです。

それではここでは個人向け保証とはなんであるのか、ご説明していきましょう。
消費者金融では担保も保証人も必要ありません。
銀行カードローンでもまた担保も保証人も必要ではありませんが、申し込み条件には保証会社の保証を受けられることという一文が必ずあります。
それが個人向け保証です。
保証会社は保証人と同じ役割を持っており、多くの場合にはその銀行のグループ会社である消費者金融や信販が保証会社の役割を担っています。
そのため、消費者金融の保証を受けているとなれば総量規制の対象になりそうではありますが、総量規制では個人向け貸付だけが対象であり、個人向け保証は対象ではないということです。

銀行カードローンなど保証会社の保証を受けて利用をする場合、一定期間返済がなされなかった時には保証会社が返済を代行します。
これを代位弁済といいますが、代位弁済が行われたときには個人信用情報機関にその旨の情報が登録されてしまいます。
総量規制には対象となるものが限られており、同じ消費者金融の商品の中でも例外となるものがいくつもあります。